キッズフロンティアは、平成29年7月1日に軽度な発達障害のお子様を対象とした「児童発達支援」、「放課後等デイサービス」を千葉県松戸市において開業いたしました。
「愉しみながら学ぶ・遊ぶ・話す」を療育の基軸においた当事業所の方針は、多くの保護者様から支持を得ております。
平成30年8月1日には、松戸市新作(北松戸)において「キッズフロンティアⅡ番館」をオープンいたしました。
これに伴い、「キッズフロンティア」を「キッズフロンティアⅠ番館」に改名し、Ⅰ番館、Ⅱ番館ともに療育方針を踏まえつつ、通所するお子様の個性、特徴にあわせた療育・支援を実践しております。

キッズフロンティアとは「Kids=子どもたち」、「Frontier=新天地」の合成語です。
文字通り「子どもたちの新天地」を創造することが私たちの使命であると本気で考えております。
私たちが想う「新天地」とは、学校や他の事業所にはない「愉しさ」、「学びやすさ」、「成長のスピード」などを体現できる「場所」、そして障害を持つ子どもたちが安らぎながら成長できる唯一無二の「場所」と考えております。

キッズフロンティアでは、常にご家庭と密に連携しながら、お子様が生活能力の向上と社会との交流が図ることができるよう、身体、精神状況などを注視し、置かれている環境に応じて最も効果的な療育プログラムを提供いたします。
お子様が毎日を過ごすうえで基本的な動作、「学ぶ」、「遊ぶ」、「話す」ことが愉しくなるよう全力を挙げてサポートいたします。