キッズフロンティアとは

キッズフロンティアとは「Kids = 子どもたち」、「Frontier = 新天地」の合成語です。
文字通り「子どもたちの新天地」を創造することがキッズフロンティアの "使命 "と本気で考えています。
キッズフロンティアが考える「新天地」とは、学校や他の事業所にはない「愉しさ」、「学びやすさ」、「自由な意志表示」が体感できる「集合体」であること、また、障害を持つ子どもたちが日々健やかに成長で きる唯一無二の「学び場」であること、と定義しています。

キッズフロンティアでは、ご家庭と密に連携しながら、お子様の生活能力の向上と社会適応能力の向上を目途に、お子様の身体、精神状況などを常にモニタリングし、今、置かれている環境に最も効果的な療育・支援プログラムを提供します。
お子様の日々の生活・行動に必要な基本的な動作である「学ぶ」「遊ぶ」「話す」ことが愉しくなるよう、全力を挙げてサポートいたします。
詳しく見る →

4つのサービス


① 児童発達支援

◆療育・支援サービス
0才から小学校入学前の未就学児が対象となります。
主な療育・支援プログラムは、小学校入学を見据えた生活支援全般,自立,集団行動,言語,コミュニケーションなどのトレーニングです。
詳しく見る →

② 放課後等デイサービス

◆療育・支援サービス
小学校から高校生(満18歳)のお子様が対象となります。
主な療育・支援プログラムは、進学や社会的自立に必要な能力や技能の習得を目指した※ソーシャルスキルトレーニングです。 ※言語,学習,コミュニケーション,生涯に渡って生き抜く力など
詳しく見る →

③ 保育所等訪問支援

◆療育・支援サービス
訪問支援員(障害児施設で障害児に対する指導経験のある児童指導員・保育士)が保育所等 を訪問し、 発達に遅れのある児やその他専門的な支援を必要とする児が、集団生活に適応していく為にはどのような関わりや指導が必要か 、担当の保育士と一緒に考え、専門的なアドバイスを行う、それが保育所等訪問支援です。
詳しく見る →

④ 言語療育・医療的ケア

◆付帯サービス
障害児通所支援事業の取り巻く環境は、医療的ケアが必要というだけで、その機会が喪失されてしまうのが実情です。
通常の療育・支援サービスを享受するすることは、すべて医療ケア児の希望です。
言語療育の役割と必要性、キッズフロンティアの医療的ケアについて、詳しく解説しています。
詳しく見る →

お子様のことでお困りですか?

各館のご紹介

※各館それぞれのホームページです。
お問い合わせや見学のお申し込みもこちらから!

よくあるご質問

A 1:いいえ。通所受給者証が必要です。

A 2:営業時間とは事業所の開所時間です。この時間帯で朝夕のミーティング、送迎、療育・支援、事務処理等を行います。
キッズフロンティア各事業所の営業時間は、午前9時から午後6時です。
サービス提供時間は、営業時間のうち療育・支援を行う時間をいいます。
詳しくは各館の「施設について(サービス提供時間)」をご覧ください。

A 3:送迎については、送迎車両の配車、送迎要員、送迎時間、利用者数、ご利用者様のご事情によって決定されるため、必ず送迎サービスが付くとは限りません。
あらかじめご了承ください。(送迎実績:85%)

もっと見る →

所在地

キッズフロンティア
児童発達支援・放課後等デイサービス
〒270-0023 千葉県松戸市八ヶ崎7-32-11 プチモンド八ヶ崎2-B
TEL:047-349-1840 FAX:047-367-0011
このホームページをシェアしよう