放課後等デイサービス、児童発達支援事業とは

............

どちらの制度も、障害児を対象としたサービスで、放課後などの居場所の提供と療育支援、保護者のレスパイトケアなどを目的としています。


放課後等デイサービス
小学生から高校生までの障害をお持ちのお子さんが対象です。ただし、「障害児」といっても必ずしも障害者手帳や療育手帳などの交付を受けている必要はありません。基本的には、そのお子さんに「療育が必要かどうか」で判断されることになります。お住まいの自治体による判断となりますので、詳しくは各自治体にお問い合わせください。
児童発達支援事業

0才から小学校入学前の未就学児が対象となります。制度としては放課後等デイサービスと同じですが、自治体の担当部署が異なることがあります。

お子さんごとに個別支援計画を作成し、必要な療育を行います。事業所により支援内容は異なり、塾のように学習支援に力をいれているところもあるようです。 キッズフロンティアでは、お子さんの発達段階に合わせ、優良な遊具を使用したからだあそびなどに熱中してもらい、こころ・あたま・からだの発達のバランスを整えることを支援の中心としています。

 

ご利用料金(自己負担)について
利用料は法律で定められており、利用者はその1割を負担して頂くことになります。 地域により基本料金が若干異なり、施設ごとの職員の体制などでも利用料は変わります。 キッズフロンティアの場合、平日の利用者負担は876円(1日)となります。 ただし、ご負担には世帯所得により月額上限額が決められており、それを超える負担は頂きません。

例) 世帯所得が約890万円までの方の月額上限額は4,600円です。
仮に一ヶ月でキッズフロンティアを20日ご利用になった場合でもご負担額は4,600円となり、
一日当り230円のご負担で利用できます。

 

キッズフロンティアでは、お子さまの送迎を行っております。
施設から学校へのお迎えはもちろん、施設と自宅との送迎もいたします。

送迎料金は法律で定められており、利用者の負担は一回約54円(片道)です。

送迎の可能範囲
松戸市、柏市全域

送迎ための確認事項
・ご利用のお子さまがお一人で車に乗っても問題がないこと。
・送迎時間に保護者へお子さまの受け渡しが確実にできること。
・送迎時間の多少の変更に対して問題が生じないこと。